社員インタビュー

新たなステージへ向かって、
会社全体が進化中。

経営企画室
課長

髙橋 咲穂

2016年入社

専門性の高い会社であり、成長が見込めるはずだと感じています。


前職では上場準備を行っており、連携をして上場を目指していた証券会社の方からご紹介を受けて入社しました。当時はグッドスピードという社名も知らず、クルマにも特別興味がなかったというのは、あまり大きな声では言えません。それでも、SUVに特化し、専門性の高い会社だと感じたことは覚えています。高いニーズを誇るSUVを扱い、ニッチな商品を展開している企業戦略は、すごく面白いと感じました。正直、他にも複数検討している企業がありましたが、特に若い会社であり、成長スピードも目を見張るものがある、創業以来業績も右肩上がりで伸びている…これだけ魅力的な会社は、そう多くはないと感じ、入社を決意しました。手前味噌ながら今でも魅力の詰まった会社だと感じています。 

会社全体の各部署と連携しながら、仕事をする責任とやりがい


前職での上場準備という経験を活かし、貢献していきたいと思っています。では、どんな仕事内容かと言いますと、大枠では証券会社の上場準備専門の部署と連動して会社全体の各部署と連携しながら、仕事をする責任とやりがい
私が現在所属しているのは、本社の管理本部にある経営企画室ですが、本社はもちろん、販売店や整備部門、買取部門や仕入部門など会社全体の部署すべてと関わりのある部署でもあります。
具体的には、全社の予算策定など経営計画の立案、取締役会など会社の重要会議体や社内の各プロジェクトの事務局を担っていることで、全部署との関わりがあります。特に重要会議体で取り扱う情報の影響力はとても大きく、その分責任とやりがいは大きいと感じています。
また経営企画室はIR業務も行っています。投資家の皆様や社外の方へ会社の現状をお伝えしたり、様々な疑問やご質問にお答えしたりすることで、グッドスピードについてより良く知っていただき、応援や期待をしてもらえるよう発信・受け答えをするのが役割です。このやり取りによって、グッドスピードという会社が社外の皆様からどのように見られるのか、その印象やイメージ形成に影響すると考えています。外へ発信するためには、中の情報を正確に把握し、また外の声を社内に持ち帰り適切にフィードバックすることを繰り返していくことで、より良い会社に近づいて成長していくことができると思い、日々業務にあたっています。

関わるすべての方がお客様になり得るのだと、再認識。

取引業者様やそのご家族、友人、知人に至るまで誰もがお客様となり得るのは、小売業ならではだと感じています。
特に上場企業となった今、その思いは強くなりました。故に、人とのご縁を今まで以上に大切にしています。
入社以来、”人との接し方は、より丁寧に”がモットーです。社内のメンバーに対しても、言葉だけではなく、態度や雰囲気も含めて、共に会社を成長・進化させるため、という前提を忘れずに接していくことが大事だと考えています。
今は上場企業となったその先の歩み、会社のさらなる成長が目標です。
当社のお客様がこれからもっと増えて、会社の店舗数、従業員、お取引先の企業様も増えて、社員である仲間と共に一緒に豊かになって、成長していけるイメージを頭の中で描いています。このイメージが描ける、ということ自体も実はすごいことなのではないかなと思いますし、そう思わせてくれる環境が、うちの会社らしさなのかなと思います。
この成長を一緒に経験できること、そしてその成長を間近で体感できるのが、今の仕事の一番のやりがいを感じるときです。

他の社員インタビュー