社員インタビュー

成長している会社なら、
自分も成長できる。

四日市ミニバン専門店 
店長

水田 邦彦

2015年入社

やっぱり、営業がしたい!その強い気持ちで頑張れた。


訪問販売の会社や航空機製造の仕事を経て、当社へ転職。製造の仕事でモノづくりの面白さは感じつつも、営業がしたいという思いがずっと胸にあり転職を決意しました。元々、クルマに興味があり、身近なものを提案できる当社の仕事に惹かれてました。それに、知人からも紹介を受けて、同世代で役職に就いている方もいるという話も聞き、「ここで頑張ろう」と決心をしたことを覚えています。実はこの度、店長へと昇格し、ひとつの店舗を任されるようになったんです。これからは、一プレイヤーではなく、人を育てるポジション…忙しくなることは間違いありませんが、それが楽しみでなりません。必要とされるからこそ、会社の為に頑張ろうと思えます。

“商品が良い”ことが当社最大の強みです。


入社9ヶ月ほどで歩合の数字が店舗で1位になったことがあります。そのため、「どうやっているのか? 意識していることはある?」と聞かれることがよくあります。その度に「商品の良さを伝えることが大事」と答えています。シンプルに良い商品が揃っているので、お客様はそれを求めて来店していただけます。極端な話、その邪魔さえしなければ、自然と数字は付いてきますよ。自然体で親近感を持ってもらえるように接すると、話も弾みますし、何よりも自分がやりやすくなります。それに、当店へ来店されるお客様は、若い方が多いというのも営業のしやすさの要因になっていますね。


自分の数字を追うよりも、周りの成長を見るのが好きになりました。

1年目の終わり頃からは、チーフとして後輩や部下の指導もやるようになりました。これまでに上司や先輩から教わったことをベースに指導教育を行っています。元々は、一番にならないとダメだと決意して入社した私ですが、今となっては自分の数字を追うよりも、他人の成長や成功を嬉しく思えるようになりました。それに、あまり長続きしなかった仕事を継続できているのも成長ですね。豊橋店は、まだまだ伸び代のある店舗なので、そこの店長としていろいろな施策を行う必要があります。プレッシャーとワクワクの両方を感じながら、出世したい、頑張りを正当に評価してもらいたい、会社に貢献したいという方と一緒に店舗づくりをしていきたいです。

他の社員インタビュー