社員インタビュー

一般職から総合職に。
成長の証だと思っています。

車輌仕入事業部
仕入陸送課

二村 優里

2014年入社

幅広い業務に携わる!「大変」よりも「新鮮」ばかり。アクティブに動けるのが楽しい。


求人サイトを閲覧していた際に、パッと目に止まったのがグッドスピードでした。特別クルマ業界で探していた訳ではなかったのですが、元々SUVが好きということもあり、すぐに応募しました。面接の印象は堅くなく、私のような「若く社会人経験がない方でも平等に扱ってくれる!」という印象でした。当時は店舗事務職で応募しましたが、デスクワークだけではなく、接客業務や外回りの業務がある点にも惹かれました。「クルマに携われる、個人的にSUVが好き、さらにいろいろと乗れる(笑)…そんな会社、ここしかない」と喜んだことを覚えています。当時は専門用語など覚えることは多く大変でした(笑)でも、丁寧に先輩がレクチャーしてくださったので苦ではありませんでした。その後、拠点リーダーに選ばれ、教える立場となり、店舗の事務をサポートする仕入陸送課に異動となりました。

責任が伴い、ミスが許されない仕事。でも、やりがいもたくさん。


店舗事務の仕事は、電話での問い合わせ対応、お客様の来店対応で、どちらも営業へ引き継ぐ為に前もって簡単なヒアリングを行います。お客様が求めているクルマの情報をまとめて、営業にバトンタッチするのが役割です。ネットを見ての問い合わせがほとんどなので、どの媒体でどの車種、年式、走行距離なのかをヒアリングするのですが、電話だと顔が見えない分、明るく受け答えすることを心掛けていました。他、納車までの段取り、日程調整、在庫車の登録・管理業務、入出金処理など幅広い仕事を担当していました。
仕入陸送課に異動してからは、接客を行うことはなくりましたが自動車の登録に関わる重要書類の作成をメインに、社員のサポートとして店長や店舗事務スタッフへの書類作成指導を行っています。会社の根幹に携わる重要な役割と認識しています。
特に書類作成では実印も扱うので、ミスは許されません。これは、何年経っても一番神経を使う業務です。当然責任が伴いますが、やりがいやミスなく対大量の書類を捌いた時の達成感は倍増しますね。

店舗目標の達成に貢献できたことは、自分の存在が確立できたと感じました。今は会社の成長が楽しみです。

店舗事務の時、あと少しと迫った月間目標に対して、どうやったら達成できるのかの段取りを組み、営業それぞれにスケジュールを設定し、営業活動をサポートしていました。その甲斐もあってか見事に目標を達成。みんなの為に動けて、みんなを支えることができたこと、みんなと一致団結できたことが嬉しかったですね。店舗目標達成に対して部分的に貢献できるんだと、改めて事務という仕事が好きになりました。当社は、年齢に関わらず、実績ベースで正当に評価してもらえますからね。
今は会社の成長が楽しみです!2019年に上場し、さらに大きな組織になっていることを実感しています。新卒も毎年たくさん入社し、私が教える立場になりました。私の教育で輝ける後輩を作っていくのが楽しみの一つであり、私の今後の成長の証になると思うと飽きることはありません。


他の社員インタビュー