社員インタビュー

もっともっとと
追求したくなる気持ちを、
尊重してくれる会社です。

事業推進部 保険課

宇佐見 絢音

2014年入社(27歳)

繁忙を乗り切った後の達成感は、やりがいのひとつ。


大学卒業後に紹介予定派遣として当社へ入社。現在は4年目で、保険課という自動車保険などを扱う部署に配属されています。元々は「一般事務でも良いかな」という思いでしたが、「でも、専門的なスキルが身に付けられる方がより良い」という希望も持っていました。だからこそ、SUV専門を掲げる当社に惹かれたのかも知れません。契約書類の作成、チェック、入力、お客様の電話対応などが主な業務内容ですが、保険事務として資格や専門知識が必要とされるので、責任が伴う重要な仕事です。月末・月初に繁忙期が訪れるのですが、毎月「さぁ、やるぞ」と気合いが入ります。それぞれが異なる領域をカバーし合い、任された仕事をキッチリ次の方へ繋ぎ、相互チェックを怠らず、チームプレイで仕上げていきます。ミスがあってはいけない仕事。それでもミス無く繁忙を乗り切ると、何とも言えない達成感を感じられます。 

スケジューリング・優先順位の付け方が洗練されました。


私の仕事は、基本的にお客様と対面することがなく、電話口での対応となります。誰もが感じることだと思うのですが、保険のパンフレットなどは見慣れない言葉が並ぶこともあり、分かり辛い…だからこそ、お客様の理解を深めるために、私なりに例えをお出ししたり、質問に分かりやすく回答することを心掛けています。腑に落ちてもらえた時は、心の中で「良し!」となっています。一日の中でいつ電話対応となるかは、分かりません。その為、出社してからメール・FAXチェックをして、午前中に書類の仕分け、中身のチェック、二次チェックへ回す。午後からは変更書類の入力、保険会社への郵送など、ひと通りの段取りを組んで、突発的なものに対応できるようスケジュールを明確にしておきます。一日の中にどれだけ“余白”をキープできるか。優先順位を付け、スケジュールを設定する精度が上がったおかげで、スムーズな業務が可能になっています。

残業を良しとしない環境は、当社の魅力です。

先述した仕事内容を踏まえると、やることが多くて「残業など大変なのでは?」と思われるかも知れませんが、当社には残業を良しとしない方針があるため、残業がほとんどありません。全社NO残業デーが火曜日で、部署ごとにもう一日設定されています。お付き合い残業なんてもってのほか。終わった人から帰宅可能な環境です。それに平均年齢が若いこともあり、風通しが良く、年功序列でガチガチなんてこともありません。定時になれば先輩方が積極的に後輩を帰そうとしてくれるんです。オフを充実させられる環境なので、オンの時に集中できるというところが、すごく魅力だと思います。今後はもっと幅広い内容で役に立っていきたい。もっと商品知識を深めて、もっとスピードアップを図りたいです。各保険会社のそれぞれの特徴や商品、システムの違いを把握し、より良く使いこなせるようになっていきたいです

他の社員インタビュー